アフィリエイトで稼ぐ | 副収入50万円達成→100万円に挑戦中

アフィリエイトとかSEOとかについて書きます。今は副業で毎月70~80万円くらい稼いでおります。

アンカーテキスト分散について

2011/11/30

今日はSEOの一環である「アンカーテキスト分散」に関するお話です。

そもそもアンカーテキストとは何なのか、ご存知ではない方のために説明を入れておきます。

アンカーテキスとは?

HTML文書の中で、リンクが設定された文字列のこと。HTMLでは他の文書や画像などへのリンクを設定するのに<a>タグを利用するが、<a href="...">と</a>で囲まれた部分をアンカーテキストあるいはリンクテキストという。通常、アンカーテキストは青い色で表示され、下線(アンダーライン)が引いてある。マウスカーソルを重ねるとリンクされているURLがブラウザウィンドウ下部のステータスバーに表示される。一度クリックしたリンクは紫色で表示される。これらの色や効果はスタイルシートで設定することが可能。

IT用語辞典 e-Words より引用

SEOを考える時、上位表示させたい自分のサイトへリンクを送る際、そのアンカーテキストには上位表示させたいキーワードを含めます。

例えばこのブログのトップページ(http://affi.info/)を「アフィリエイト 稼ぐ」というキーワードで上位表示をしたいなら、

アフィリエイト 稼ぐ

という感じでリンクを張ってあげれば良い、ということです。

でも、上位表示したいキーワードが「アフィリエイト 稼ぐ」であったとしても、

外部のサイトやブログから貼られるすべてのアンカーテキストを「アフィリエイト 稼ぐ」にしてはいけません。

第三者から自然に張られたリンクであれば、

“ページのタイトル”がアンカーテキストになったり、

“URL”がアンカーテキストになったり、

“詳しくはこちら”とかいった言葉がアンカーテキストになったり、

アンカーテキストは分散されるはずですよね。

だから、すべてのアンカーテキストが同一になっていると、Googleのような検索エンジンは

「このリンクは不自然だ!恐らく自作自演のスパムだな!」

と判断してそのリンクの価値を0にしてしまうことがあるというのです。

Googleのような検索エンジンは、自然なリンクを評価しようとします。

だから、仮に自作自演でリンクを張る時であっても、アンカーテキストは分散させてできるだけ自然に見えるようにましょうね、

というのが今日お伝えしたかった結論です。

今回はアンカーテキスト分散について、簡単なその概要について書いてみましたが、このテーマはなかなか深いものがありますので

そこら辺の込み入った話などについてはまた今度してみたいと思います。

追記:よろしければ以下の記事も参考にしてみてください。

アンカーテキスト分散について その2
アンカーテキスト分散について その3

-SEO